FIA Intercontinental Drifting Cup 2017

9612F
ワンアームカウチソファ(2点組合せ)¥298,000
ワンアームソファ(左肘)¥154,000
カウチソファ(向右)¥144,000

TOSCA KEN OKUYAMA DESIGN MODEL
ロッキングチェア(ステッチRED)¥479,520
オットマン(ステッチRED) ¥150,120
【他バリエーション】
ロッキングチェア(ステッチ同色)¥397,440
オットマン(ステッチ同色)¥129,060

テーブルセット
T型丸テーブル・一本脚(120φ オーク材)120φ¥264,600
DC-4H ダイニングチェア(オーク材)¥36,990
FIA International Drifting Cupに参戦チーム「Do-luck」ブースに家具を協賛いたしました。 2001年より始められた「ドリフト走行」を目的としたモータースポーツ(通称「D1グランプリ」)の第7戦が今年お台場にて10月7日、8日に開催。 その一週間前の9月30日、10月1日に史上初となるドリフト世界一決定戦「FIA Intercontinental Drifting Cup」が東京、お台場にて開催され、匠大塚のロゴの入ったマシンがドリフトしました。 史上初となるドリフト世界一決定戦ということもあり各チーム気合の入り方も違うようで、その参加チームである「do-luck」様と匠大塚の初の試みです。

ドリフトレースになぜ家具なのか

1.
イベント中はスタッフ全員一日立ちっぱなしなため、くつろげる空間がほしい。
2.
世界大会ということで、ゴージャス感を出したい。
3.
目立つことに意義があるイベントなので、目立ちたい。
「do-luck」様のご要望にお応えできるよう、「匠大塚」は限られた空間にインテリアのご提案をさせていただきました。開催前の搬入時にブース内にて設営完了。開場前に他チームのオーナ様が、「うあ、ここいいなぁ!」と言っていただきました。
Do-Luck

国産車を中心にエアロパーツや補強パーツ等を販売する車両チューニングメーカー。

Driver:Daychapon Toyingcharoen

ニンクネームはポンちゃん

オーナー様より

各出場チームのブースにもちょっとしたレストアスペース的なものはありますが、どれもスタッフ用のパイプ椅子など持ち運びしやすい簡易的なものが多く、 ビッグスポンサーのトップチームならまだしも、私どものようなチームがここまでのスペースを作ることはまずありません。ソファー(アームチェア)は少し座るだけで大変リラックスできますし全然違いますね、ただマシンはどれも派手なので家具も派手なものがあるとよいかもしれません。 また先程お越しになった方などは、中国の某大手石油会社のオーナー様で、匠大塚様に設置していただいた空間のおかげでより多くの話をさせていただくことができました。 こういったイベント会場に来られるVIPの方々は「遊び」にお金を半端なくかけられる方なので、一見家具は関係ないかと思われがちですが実は商談の場でもありますので、雰囲気作りがとても重要なのです。

【イベントを終えて】

実際参加させていただき、他チームやスポンサーの社長様をはじめ、ご友人の著名人や記者の取材など訪問されるゲストの方々がこんなに多いとは思いませんでした。貴重な経験をさせていただき、「do-luck」様をはじめ関係者の方々にに大変感謝しております。匠大塚ではお客様にご満足いただけるよう日々務めさせていただくことを第一に、インテリア業界の良さを様々なアプローチでお伝えしながら、家具で「ものづくり」業界を盛り上げていきたいと考えております。

確かな価値との出会い...

匠大塚

TOP